パワーコンディショナー

この記事は約1分で読めます。

パワーコンディショナーとは、太陽光モジュールで発電されただけでは使えない直流の電気を、家庭用として使用できる「交流」の電気に変換するための機器のことです。

パワコンやPCS(Power Conditioning System)、インバーター(Inverter)とも呼ばれます。

家庭で使用する電気機器や電化製品は電力会社から送電される「交流電力」を使用しているのですが、太陽光発電システムで発電される電力は「直流電力」となるため、パワーコンディショナーで直流→交流への変換作業を行った上で分電盤へ送られています。

直流電力から交流電力に変換する際にはエネルギーロスが発生しますが、一般的なパワーコンディショナーの変換効率は95%前後とされています。

太陽光モジュール以外にも、エコウィルやエネファームなどの家庭用発電機器からの電気も同様に「交流電力」に変換します。

 

タイトルとURLをコピーしました