【ローコスト住宅×新築平屋】1,000万円以下で安く建てる方法!

2018年10月11日

【ローコスト住宅×新築平屋】1,000万円以下で安く建てる方法!

平屋建てって人気が高いですし、新築一戸建てを検討している人にとって1番の選択肢になっていることも多いと思います。

でも注文住宅で建てるとなると、多額の建築費用が必要になりますし、さらに平屋となれば一般的な2階建て住宅よりもコストが高くなりやすいので、ハードルは高めとなってしまいます。

となると、

「新築が欲しいけど子供が大きくなるまであまり家にお金をかけられない…」

「親の老後のための家だからそこまで高い金額じゃなくていい…」

「家の建て替えで平屋にしたいけど予算は1,000万円以下で考えている…」

などなど、平屋は建てたいけどあまり予算に余裕がないケースの場合には、金銭面の問題から平屋住宅でのマイホーム購入は諦めるしかないのでしょうか?

いえ、実は諦める必要なんて全然ないんです!

なぜなら、今では安い建築費用で家を建てられるローコスト住宅があるからです。

そこで今回は、

  • 平屋をローコスト住宅で建てるとどんな間取りや価格になるのか
  • 平屋を建てるなら知っておきたいポイントや少しでも安く抑えるコツ
  • ローコストの平屋住宅を建ててくれる住宅会社の探し方

など、ローコスト住宅で建てる新築マイホーム『平屋住宅』について詳しくお伝えしていきます。

もしローコストの平屋の事例が今すぐ知りたい方は、下記からカタログをお取り寄せできます。

 

新築の平屋建てをローコスト住宅で建てたい!

新築の平屋建てをローコスト住宅で建てたい!

以前に書いたこちらの記事「【注文住宅×新築平屋】坪単価はどのくらい?実例でみる価格相場」でもご紹介していますが、通常であれば平屋住宅を大手ハウスメーカーで建てるとなると、その費用相場は30坪から40坪の平屋で2,000万円~2,500万円ほどかかるのが一般的です。

ですが、ローコスト住宅で新築平屋建てを建てる場合、1,000万円台はもちろん、1,000万円以下や500万円で建てられるケースも!

そんな情報を聞いてしまうと、「平屋住宅を安く手に入れることができるかもしれない!」なんて夢が膨らみますよね。

では実際にローコストで建てる平屋とはどんな家なのか、その特徴について見ていきましょう。

 

平屋の特徴

平屋の最大の特徴はやっぱり『階段がない』という部分ですが、

  1. 1階建てであることによる構造体(躯体)の強さや、段差のない生活による安心感のある家
  2. 広さを確保するために必要になる広い土地や平屋の特性によってコストが高くなりやすい家

という特徴があります。

安心感のある構造・空間の家が建てられる

「平屋ってなんとなくお洒落」という理由で平屋を検討している人も多いと思いますが、家としての構造の強さや、段差のない空間による安心感で平屋を検討している人も多いです。

特にちいさな子供がいる子育て世帯や、老後に家を建て替える夫婦など、階段がある多層階住宅(2階建てや3階建て)だと転落の危険性も…。

平屋であればワンフロアで生活できるので、コミュニケーションがとりやすかったり生活動線をシンプルにできるメリットがあります。

平屋は費用が高くなりやすい

子供や老夫婦に優しい平屋ですが、実はあまり知らない人も多いのが『平屋は高い』という事実です。

同じ延べ床面積であれば、当然2階建ての家よりも平屋住宅の方が約2倍の土地面積(建坪)が必要になるので、その分土地代がかかりますよね。

また平屋は、土台となる基礎部分・屋根などコストが高くなる部分の面積が大きくなるので、建築費用を占める割合が高くなってしまい、結果的に総額費用や坪単価が上がってしまうことになります。

 

ローコスト住宅の特徴

ローコスト住宅で建てる注文住宅の特徴は、もちろん安い価格で家を建てられるメリットですが、

  1. 価格に対してデザイン性や家の性能が優れている
  2. 間取りやデザイン、住宅設備はほとんど決まっているので自由な家づくりができない

という特徴があります。

低価格なのにデザインや性能に優れているコスパの高さ

いくら安く一戸建てを建てられたとしても、魅力に欠けるような家よりもオシャレでカッコイイ家がいいですよね。

ローコスト住宅は、低価格なコストで一戸建て住宅を建てられるにもかかわらず、意外とデザイン面や性能面で優れている場合が多いです。

大手ハウスメーカーのような外観デザインであったり、長期優良住宅を建てることができたりと、今ではローコスト住宅でも安心して建てることができると言えそうです。

規格住宅のために間取りや設備の自由度は低い

ローコストハウスメーカーは『資材の大量発注』などによって低価格を実現させていますが、建材や住宅設備を他のものに変更しようとなると高額なオプション料金がかかります。

注文住宅の場合は間取りやデザインには数パターンの選択肢が用意されているものの、さらにこだわりたい場合には大手ハウスメーカーに引けを取らない費用相場となることも…。

自由度を高くしたいのであれば、フルオーダーが可能な工務店で平屋を建てるのがおすすめです。

 

ローコスト住宅の平屋の間取り&価格の実例

先ほどもお伝えしたとおり、新築一戸建ての購入価格が1,000万円や500万円をも視野に入れることができるのは、ローコスト住宅ならではの強み。

そんなローコスト住宅で建てた平屋の場合、いくらくらいの価格でどんな間取りが実現できるのか、ここではローコスト平屋住宅の実例をいくつかご紹介したいと思います。

 

1,290万円のローコスト住宅×平屋( 間取り3LDK-27坪)

1,290万円のローコスト住宅×平屋( 間取り3LDK-27坪)外観デザイン

1,290万円のローコスト住宅×平屋( 間取り3LDK-27坪)間取り図

出典:住友林業の平屋「間取りのモデルプラン」

こちらの平屋のケースでは、オール電化対応でシステムキッチンやシステムバスなど充実のプランにもかかわらず、各部屋もゆったりとした間取り設計となっているのが特徴です。

寝室が8畳近い広さを確保した上でウォークインクローゼットも設置できていますし、子供部屋として2部屋用意できている例となります。

ここからウッドデッキを設置したいなどオプションを付けると高くはなりますが、1,000万円台でも充分満足できる平屋を建てられることが分かりますね。

月々の返済額シミュレーション

1,290万円全額を住宅ローンで借り入れた場合、毎月の返済額は下記のとおりです。

月々4万円以下の支払いとなるので、今住んでいる家賃よりも安かったりするのではないでしょうか?

固定金利35年払い(金利1.2%の場合)
毎月返済分:37,629円
総返済額:15,804,230円
参考:住宅ローンシミュレーション|住宅保証機構株式会社

 

798万円のローコスト住宅×平屋( 間取り2LDK-15坪)

798万円のローコスト住宅×平屋( 間取り2LDK-15坪)外観デザイン

798万円のローコスト住宅×平屋( 間取り2LDK-15坪)間取り図

出典:798万円平屋の注文住宅-ハピネスエイチ-

先ほどとは打って変わり、全体的に間取りがコンパクトな平屋住宅となっていますが、ローコスト住宅の醍醐味とも言えるべき建築費用が、『1,000万円』を大幅に下回る798万円という超ローコスト住宅のケースとなります。

コンパクトで小さい家とは言っても、各部屋の収納はしっかりと確保できていますし、”子供が大きくなるまでの家”・”老後に暮らす最低限の家”と割り切る場合には、価格・広さ共におすすめできるスタイルの平屋となりますね。

月々の返済額シミュレーション

798万円全額を住宅ローンで借り入れた場合、毎月の返済額は下記のとおりです。

月々2万3千円とかなり破格の返済額となっていて、返済期間を35年ではなく20年としてシミュレーションしてみても、月々3万7千円ほどとなっています。

固定金利35年払い(金利1.2%の場合)
毎月返済分:23,277円
総返済額:9,776,526円
参考:住宅ローンシミュレーション|住宅保証機構株式会社

 

811万円のローコスト住宅×平屋( 間取り2LDK-20坪)

811万円のローコスト住宅×平屋( 間取り2LDK-20坪)外観デザイン

811万円のローコスト住宅×平屋( 間取り2LDK-20坪)間取り図

出典:811万円の平屋|ときめきハウス

こちらの平屋もコンパクトな2LDKなのですが、坪数が5坪広くなっているので、先ほどの2つめのケースよりもゆったりとした間取りを実現できています。

そして、この平屋住宅も価格が『811万円』と超ローコスト住宅!

このケースでみると、子供部屋としてもう1部屋設けた3LDKの間取り設計とした場合でも、家本体の建築費用は1,000万円ほどで収めることができそうですね。

月々の返済額シミュレーション

811万円全額を住宅ローンで借り入れた場合、毎月の返済額は下記のとおりです。

住宅ローンの支払額は先ほどとほぼ同額の2万4千円となり、月々の返済金額をかなり抑えることが出来ますね。

固定金利35年払い(金利1.2%の場合)
毎月返済分:23,657円
総返済額:9,935,714円
参考:住宅ローンシミュレーション|住宅保証機構株式会社

 

平屋住宅の間取りについては、下記の記事でもご紹介していますので、よかったら合わせて参考にしてみて下さい。

 

新築平屋を1,000万円以下で!ローコスト住宅で安く建てるための3つのポイント!

新築平屋を1,000万円以下で!ローコスト住宅で安く建てるための3つのポイント!

それでは、ローコスト住宅会社で建てる平屋を、さらに少しでも安い費用に抑えるために大切な3つのポイントについてご紹介します。

 

ローコストハウスメーカーの中から平屋住宅が得意なハウスメーカーに絞る

まず1つめのポイントとして、新築一戸建てを建ててもらう依頼先を『平屋住宅が得意なハウスメーカーに絞る』ということです。

その理由は、平屋住宅の建築経験や資材の準備が乏しい業者になると、平屋住宅を得意とする業者が平屋を建てるよりも、建設費用が割高になる傾向があるからなんです。

例えば、普段は事務作業しかしていない人に、いきなり経理の作業をお願いしてもなかなかできませんし、時間が余分にかかったり間違いが多かったりと、全ての面においてコスト・リスクがかかります。

 

建築会社の場合も同様で、平屋住宅が不得意なハウスメーカーは平屋の規格がなく、そもそも資材自体の用意がないので別で仕入れる必要がありますし、平屋建てのスキルも低いのです。

一方で、平屋住宅の実績が多いハウスメーカーであれば平屋専用の規格が用意されていて、平屋建て用の資材を大量生産して製造コストを抑えていたり、慣れた大工のため工期が短く人件費も高くつきません。

 

こういった違いから、普段から平屋住宅を建てている実績のある業者に依頼することが重要になります。

住宅会社選びにはカタログのお取り寄せが便利

ここで、「平屋が得意な会社って言っても、安くて信頼できるところを探すのなんて難しいんじゃ…」って思った方でも、簡単にハウスメーカーを探せる方法があるんです。

その方法とは、あのホームズくんでおなじみのLIFULL HOME’Sのカタログお取り寄せサービスを活用する方法です。

LIFULL HOME’Sのカタログお取り寄せサービス(公式HP)

上記のライフルホームズのWEBサイトから、あなたが平屋を建てたいと思っているエリアを絞り込んでいくだけで、そのエリアで平屋住宅を建ててくれる住宅会社が表示されます。

各会社には建築費用の坪単価も記載されていますので、比較材料にもなりますね。

ここで平屋の家づくりを成功させるコツは、表示された住宅会社には全てチェックを入れて、カタログをたくさん送ってもらうこと!

イエティ
イエティ

無料で色んな会社の住宅カタログがもらえるので、利用しない手はないですよ。

 

 

できるだけシンプルでコンパクトな設計にする

次に重要となるポイントは、設計段階でできるだけシンプルな『形状』・『仕様』・『間取り』、そしてコンパクトな家にすることです。

注文住宅で建てるとなると、マイホームに対するこだわりを詰め込みたくなる気持ちがこみ上げてきますが、こだわる部分と諦める部分との取捨選択が必要になります。

シンプルな設計にすることで使用する資材の量が不必要に増えることもありませんし、複雑な施工も必要なくなることで工期も短縮できますので人件費の面でもコストが浮き、結果的に建築費用を抑えることに繋がっていきます。

 

建物本体・住宅設備のグレードを抑える

工務店ではあまり見られませんが、大手ローコストハウスメーカーから地域型ハウスメーカーなどの住宅会社が建てる注文住宅は、建物のグレードを商品パッケージ化し、それぞれのグレードで値段設定されていることがほとんどです。

もちろん高いグレードになると値段も高くなりますので、各グレードの仕様や性能をしっかりと把握した上で、低いグレードでも問題がなさそうであればグレードを抑えることも予算を削減するために有効な手段と言えます。

ただでさえローコスト住宅で建てる平屋ですし、むやみに家本体のグレードを下げたくない場合には、住宅設備や建具のグレードを下げる方法もあります。

ローコスト住宅の注文住宅となると、もともと設備機器や建具は低価格帯のメーカー品の設置となるケースが多くなりますが、在庫が多く残っていてメーカーが在庫処分に困っているような製品を依頼すると、費用をさらに安く抑えることが可能になります。

設備機器や建具は、機能面では大きな差がなくても、有名なメーカーと比較すると半額の値段で設置可能なことも。

特にメーカーでこだわりがない場合、低価格の製品で見積もりをお願いしてみると良いでしょう。

 

まとめ

今回は、ローコスト住宅で建てる平屋についてお伝えしました。

ローコスト住宅会社で建てることで、コストがかかりやすい贅沢な平屋住宅でも、予算が1,000万円ほどあれば射程範囲内であることが実感できたと思います。

ではここで、ローコスト平屋住宅について重要なポイントをまとめます。

ローコスト住宅で建てる平屋まとめ
  • 平屋住宅をローコストで建てると1,000万円台どころか1,000万円以下も夢じゃない!
  • 平屋を安く建てるなら”平屋建てが得意なメーカー”に依頼しよう!
  • 少しでも価格を抑えるなら”シンプル”&”グレードを下げる”!

ワンフロアの暮らしを叶える利便性や安全性、お洒落なイメージからも、平屋を注文住宅で建てるメリットや魅力は大きいですよね。

そんな魅力溢れる平屋だからこそ、今や“若い世代”から“現役引退する60代の世代”まで、幅広い層の人から人気を集めていると言えます。

新築で平屋を建てると言えば「コストが高い!」と諦めがちですが、価格を抑えられるローコスト住宅で新築平屋を検討してみると、今回ご紹介したような安い価格で建てる『夢の平屋住宅』を叶えることができます。

その為には、まずはあなたに合った平屋を実現してくれるハウスメーカーを見極めること!

まずはたくさんの住宅会社からカタログを手に入れて、しっかりと比較するようにしましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

注文住宅のカタログを取り寄せたい方はこちら

お得におしゃれな注文住宅を建てたい方はこちら

リフォームを検討される方はこちら

\よろしければシェアお願いします/