1000万円で注文住宅の家を建てたい!間取り&予算を抑えるためのコツ

2018年5月14日

1000万円で家を建てるコツは?注文住宅の間取りと予算を抑えるための方法

「注文住宅で家を建てたいけど、今後のことも考えてなるべく費用は安く抑えたい」

そう思って予算をざっくりと1,000万円で考えている人も多いと思います。

ですが、本当に1,000万円で注文住宅を建てることができるのか、建てられるとしてどんな家になるのか、と気になっているのでは?

  • 1,000万円以下の注文住宅でも希望通りの間取りに出来るのか心配
  • 1,000万円の家でも耐震強度や家の品質に問題はない?
  • 土地代込みで1,000万円の予算で考えているんだけど難しい?
  • 家の建て替え費用を1,000万円以内コミコミに収めたい…

などなど、一口に『1,000万円の予算で建てる注文住宅』と言っても、抱えている悩みは人それぞれ違います。

実は、注文住宅を建てる住宅会社(ハウスメーカー・工務店)の特性や、家を建てる費用を安く抑えるコツを知っておくことで、1,000万円の注文住宅も視野に入れることが出来るようになります。

そこで今回は、「注文住宅の家を1,000万円で建てたい!」とマイホーム購入を検討しているあなたに、1,000万円の家を建てる方法についてお伝えしていきます。

もし1,000万円の注文住宅の事例が今すぐ知りたい方は、まずは下記からカタログを取り寄せてみましょう。

 

イエティ
イエティ

今回は、1,000万円以下1,000万円台の注文住宅の間取りや予算についてや、土地ありなしで生じる予算の考え方についてもご紹介していきます!

1,000万円の新築一戸建てを実現させるために、費用を安く抑えるコツ気を付けたいポイントについても解説していますので、是非最後まで読み進めて下さいね。

1000万円の予算で注文住宅の新築戸建てを建てたい!

「1,000万円の家を注文住宅で建てたい!」と思っている人に共通していることは、『予算をなるべく安くすませたい』という気持ちです。

マイホーム購入は一生に一度とも言えるほど大きなお買い物なので、できるだけ予算は抑えられるようにしておきたいところですよね。

ここで気になるのが、

  • 毎月のローンの支払いはどのくらいなのか
  • そもそも1000万円の予算で家を建てることは可能なのか

ということ。

早速、上記2つについて見ていきましょう。

予算を2,000万円くらいまで検討している方は、こちらの記事もあわせて読んでみて下さい。

 

1000万円借り入れると「住宅ローン」の月々の返済金額はいくら?

1000万円の住宅ローン借り入れた時の返済イメージ。毎月いくらの返済になる?

では実際に、注文住宅を建てる際にかかる1,000万円を、全額住宅ローンで借り入れた場合のケースを見てみたいと思います。

1,000万円借り入れ時の月々の支払額
借 入 額:1,000万円
借入期間:35年(フラット35)
金  利:1.2%
【元利均等返済(固定金利)】

毎月の住宅ローン返済額:29,170円
総返済額:12,251,265円

使用サイト 住宅保証機構株式会社[住宅ローンの返済額シミュレーション]

例えば、35年払いのフラット35で金利1.2%の時に借り入れると、毎月の返済金額は29,170円となっていて、最終的に支払う総額は12,251,265円となっています。

また、”子供も大人になり老後の住まいとして予算1,000万円で家を建て替える”というケースなど、借入期間を10年・15年と短くしないといけない場合には、上記金額よりも支払額が高くなりますので、収入に対しての返済額の比率に気を付けるようにして下さい。

イエティ
イエティ

30年や35年で借り入れると、月々の返済額をグっと抑えることが出来ますので、普段の生活に大きな負担をかけずに返済が続けられそうですね。

 

そもそも1000万円で注文住宅を建てるのは実現可能?

1,000万円を借りたときの返済額はイメージできましたが、そもそも1,000万円という予算で注文住宅を建てることが本当に出来るのでしょうか?

最近では、住宅雑誌やローコストハウスメーカーの広告などで『1,000万円で建てる家』などの特集や宣伝がされていますので、安く家が建てられる!と期待感が膨らみますが、実際のところはどうなのか気になりますよね。

  • 家本体となる建物(うわもの)の予算として1,000万円
  • 土地代込みの予算としてコミコミ1,000万円

どちらのパターンでも可能なのか、ちょっと見てみましょう。

1000万円で家を建てたい場合(建て替えたい場合)

まずは、1,000万円の予算を”建物(うわもの)の建築費用”として考えている場合です。

この場合には、土地はすでに所有しているか、または土地の購入予算は別で検討している人が当てはまります。(家の建て替えも含まれますが、解体費用は別途必要ですので注意しましょう)

注文住宅の費用相場は全国平均で約3,231万円なのですが、このうち本体価格だけでみると約2,513万円となり、建築費の坪単価は約64万円ほどです。(注文住宅の相場・費用について)

ここで少し計算してみたいと思います。

1,000万円(総額) ÷ 64万円(坪単価) = 15.6坪(敷地面積)

15.6坪というと約51㎡※1、畳数でいうと27畳※2ほどで、5m×10mくらいの広さに…。

※1:1坪=3.30579㎡で計算
※2:1畳=1.84205㎡で計算

この大きさだと家を建てる意味があるのか分からなくなってしまいますね。

ですが、建築坪単価が安いローコストハウスメーカーや中間マージンの少ない地元の工務店に依頼することで、坪単価30万円前後で建てることも不可能ではありません。

仮に坪単価30万円の住宅会社を見つけることが出来れば、『1,000万円(総額) ÷ 30万円(坪単価) = 33.3坪(敷地面積)』となるので、先ほどの計算よりも2倍以上広い家を建てることが出来そうです。

土地込みで1000万円で家を建てたい場合

次に、“土地の購入費用もコミコミ”で1,000万円を予算として考えている場合です。

この場合、先ほどの建築費用だけで1,000万円の予算とするときよりも、条件はかなり厳しいものとなります。

土地代込みの予算とすると、当然ですが家を建てる為に割ける予算が減りますよね。

予算を全て建築費用にまわすのか、土地取得費用も予算に入れるのかによって、同じ予算でも家の建築費にまわせる金額が異なる。土地込みで予算を立てる場合は土地取得費用を差し引いたあとの予算金額をいかに残せるかがカギとなる

ここで重要になるのが、『いかに土地の購入費用を安く抑えて建築費用に予算を回すことができるか』ということなんですが、敷地面積が30坪の土地に家を建てたいなら坪単価10万円でも300万円の費用がかかってしまうことに。

30坪(敷地面積) × 10万円(坪単価) = 300万円(土地代金)

仮に建築費用が坪単価30万円のローコストハウスメーカーなどの住宅会社に依頼しても、残り700万円の予算では23.3坪の家しか建てられません。

それでも土地込みで1,000万円の予算で探したいときは、下記を試してみて下さい。

土地込み1,000万円が可能か今すぐ分かる!
色んな住宅会社に「土地購入費用を含めた希望予算は1,000万円」と伝えて、予算内に収まるような土地を探してもらいましょう。
注目すべきポイントは、最初から「それは無理」という姿勢の会社なのか、親身に土地探し&安く家を建てる努力をしてくれる会社なのかという点。
こちらのサイトの無料サービスを利用すると、“土地込み予算1,000万円”が実現可能な会社を全国600社から探すことができるので、一度試してみては?
複数の住宅会社から無料で提案書がもらえる一括依頼サイト『タウンライフ家づくり(外部サービス)』はこちら!
また、1,000万円で注文住宅が建てられるハウスメーカーのカタログがもらえるLIFULL HOME’Sの無料サービスもあるので、「まずはカタログで情報を得たい!」という方におすすめです。

 

1000万円の注文住宅実例【間取り・予算について】

新築マイホームの購入予算として、

  • 1,000万円以下(以内)に抑えたい
  • 1,000万円台(1,000万円~2,000万円)に抑えたい

どちらで検討しているかによって、どんな間取りの家を建てることができるのか、また予算の考え方についても少し変わってきます。

イエティ
イエティ

ここでは、予算を全て”注文住宅で家を建てるための費用”に充てられる場合の間取りについて見ていきたいと思います。

 

1000万円以下の注文住宅(土地別・建物のみ)の間取り・予算

まず、予算を1,000万円以下に抑えて注文住宅を立てた場合の『間取り』『予算』について見ていきましょう。

1000万円以下の注文住宅の家の実例

1000万円以下の注文住宅の家の間取り実例

こちらの家の場合、少し1,000万円を超えてしまっていますが、建物の本体価格で【1,048万円】となります。

延床面積 113.46㎡(34.3坪)
間取り 4LDK+2WIC(ウォークインクローゼット)

出典:SUUMO建築実例詳細 | 1000万円以下の注文住宅

 

ほぼ1,000万円の予算で収まる注文住宅にもかかわらず、LDKプラス4部屋も設けることができています。

坪単価はおおよそ31万円まで抑えられているので、延床面積が30坪くらいであれば十分1,000万円以下に収めることが可能ですね。

 

1000万円台の注文住宅(土地別・建物のみ)の間取り・予算

次に、注文住宅を建てる予算を1,000万円台(1,000万円~2,000万円)として考えている場合の『間取り』『予算』について見ていきましょう。

1000万円台(1000~2000万円)の注文住宅の家の実例

1000万円台(1000~2000万円)の注文住宅の家の間取り実例

こちらの家は、建物の本体価格で【1,410万円】となります。

延床面積 107.35㎡(32.4坪)
間取り 4LDK+4WIC(ウォークインクローゼット)

出典:SUUMO建築実例詳細 | 1000万円台の注文住宅

 

1,200万円~1,500万円ほどの予算で検討できるのであれば、上記のような家づくりも可能となります。

太陽光パネル搭載、24時間換気システム導入、オール電化と夢の3大設備も設置された上で、上記の金額に抑えることができています。

 

1000万円で建てられる家の広さの目安は?建築費用の平均坪単価を参考

建築費用の坪単価は全国でみると64万円ほどなので、少ない予算で家を建てる場合はローコストハウスメーカーや工務店に依頼するのが一般的です。

ローコスト住宅会社であれば、上記2例のように建築費の坪単価を大幅に安く抑えることができるので、良質な家を格安で建ててくれる住宅会社をどのように探せるかがポイントになります。

建築費用の坪単価を35万円~40万円に抑えることができたとして、家の大きさはおおよそ25坪~28坪が一般的な目安となるでしょう。

 

1000万円で家を建てる方法&安く抑えるコツ

それでは、1,000万円を予算として家を安く建てるための方法についてお伝えしていきます。

 

なるべく建築費用を安く抑えるコツ

少しでも建設費を削減するためには、建材費や人件費、コストが上がる要素の排除など、意識することがたくさんあります。

ただし費用を抑えることばかりに気をとられすぎて、お粗末な家ができてしまうと本末転倒です。

そこで、次の4つに重点を置いて、建築費用を抑えられるようにしてみましょう。

 

シンプルな形の家づくりを目指す

室内・外観デザイン(外壁・屋根)・家の形状すべてにおいて、シンプルにすることで注文住宅の建築費用を安く抑えることができます。ただ、何もかもシンプルにするわけではなく、家を建てる目的の一つに『日常生活を快適に過ごすことができるマイホームを手に入れる』がありますので、こだわるべき部分と予算を抑えるために我慢するべき部分とのメリハリを付けるように心がけましょう。

水周り設備のグレードを下げる

水周り設備のキッチン・洗面台・バスルーム・トイレなどのグレードを、なるべく安いものに抑えてみましょう。ただ、トイレはなるべく1階と2階で一つずつ設置しておいた方が将来のことを考えると無難です。またバスルームはユニットバス(システムバス)の方が費用を抑えることが出来ますし、パナソニックなら62万円~もあったりします。自分たちで専門店から買い入れて施主支給する方法もありますが、水周り系は避けた方が後々のトラブルを避けることが出来ます。

インテリア建材(室内建具・床材)は安いメーカー・グレードを選ぶ

内装材は1階・2階でもなるべく統一させることで費用を抑えることが出来ますし、規格サイズのまま使用できるような間取りプランを計画することも大切です。また、なるべく安いメーカー・グレードを選ぶようにしましょう。住宅会社によって提携しているメーカーが異なるため、安く導入できるメーカーがどこのものなのかを住宅会社に相談するようにします。

大手ハウスメーカーに依頼しない

大手ハウスメーカーは最初から選択肢に入れず、地元の工務店やローコストハウスメーカーに問い合わせるようにしましょう。大手ハウスメーカーは有名で施工実績も豊富にあるため安心感がありますが、多額の広告費用をかけているので利益を回収するために実質コストに大幅な利益を上乗せしています。そのため、かけた実質コストがそのまま家作りに反映されやすい「工務店・ローコストハウスメーカー」に依頼するのがオススメ。

 

安く家を建てる時に気を付けたい注意点

次に、家を建てる費用を抑える時に気を付けておきたい注意点について見ていきましょう。

少しでも費用を安く抑えたい『注文住宅の建築費用』ですが、特に下記の2点について注意が必要です。

 

耐震性や安全性に関しては予算を削らない

耐震強度やセキュリティが弱くなってしまうと、大切な家族を守る家づくりが出来なくなってしまいます。安く建てたいと思うばかりに、地盤調査や家の基礎・躰体などがおろそかにならないように、住宅会社としっかりと打ち合わせを重ねるようにしましょう。

土地探しは不動産屋に依頼しない

土地と建物で扱う会社が異なってしまうと、それぞれの思惑が一致せずに良い住宅を建てることが難しくなります。特に予算1,000万円と限られた金額の中で家作りをする難易度の高いプランニングが必要となるため、住宅会社に土地探しも行ってもらう方が「家づくり・費用面」で理想的と言えます。

 

新築マイホームに憧れるけど「中古住宅」も選択肢に入れてみては?

1,000万円の注文住宅を建てるための方法をお伝えしましたが、やはり予算的に家づくりに対して制約がとても大きくなってしまいます。

そこで、”新築住宅”ではなく”中古住宅”を選択肢に入れる方法もあります。

中古住宅であれば、新築で2,000万円するような家でも、築10年以上経てば建物本体の価値は半分以下まで落ち込むので、予算が1,000万円でも『家族が快適に過ごせる大きな家の購入』が現実味を帯びてきます。

また、中古住宅を購入して残った予算でリフォームをし、水周りや内装を新築同様に生まれ変わらせることも。

中古住宅を新築同然に生まれ変わらせたリフォーム例や、リフォームの費用相場が知りたい方はこちらのサイトを使ってみるのがオススメですね。

 

1000万円で注文住宅が建てられるローコスト住宅会社の探し方

1,000万円の注文住宅を建てるために一番肝心なのが、住宅会社選びです。

先ほども軽くお伝えしましたが、大手ハウスメーカーは販促費に多額のお金を投資しているために、注文住宅の建築費用が高くなりやすいです。

そこで、地域密着型で土地勘や実績のある工務店や、ローコスト住宅会社で希望の家を建ててくれるところを探すことになります。

ローコストハウスメーカーであれば、

  • アイフルホーム
  • タマホーム
  • アキュラホーム
  • レオハウス

など色々ありますが、全てのモデルハウスを回るのは大変ですし、地元の工務店となるとそもそもどのように優良会社を探せばいいのか分かりませんよね。

そこで、複数社の「住宅カタログ&1,000万円を予算とした家づくりプランの提案書」を無料でもらうことができるタウンライフ家づくりを利用してみましょう。

 

上記のサイトで複数社から見積もりをもらえますので、1,000万円の予算内での家づくりを希望していることを伝えましょう。

希望の総予算を選ぶ箇所がありますが、選択できる最低価格が2,000万円~となっているため、【まだ決めていない】を選択した上で、そのすぐ下の”希望・要望・自由記入欄”で「総額の予算を1,000万円ほどで検討している」という要望を伝えるようにしましょう。

また、そのあとに郵送にてもらえるカタログはしっかりと目を通して、『住宅会社の特長や強み』と『あなたが希望する家づくり』の相性などを見極めることがとっても大事です。

 

まとめ

1,000万円を目安とする注文住宅は、予算をかなり安く抑えてマイホームを建てることができるので、高額な住宅ローン返済が家計を圧迫して「無理な生活」を送ってしまう心配も少なく、お得に家を手に入れることが出来ます。

ですがかける予算もそれなりの為、低品質な家が完成しないように検討段階からしっかりと依頼する会社を見極める必要があります。

この記事でご紹介したような一括で複数社を比較できるサイトを使って、1,000万円以下・1,000万円台の予算でも、安心して家を建てられるようにしましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

新築マイホームで損をしない為に!

プロに無料で
\『見積もり&オリジナルプラン』/
を作ってもらおう!

憧れマイホームをあなたの手に!

Arrow
Arrow
Slider

成功する家づくりの近道はコレ!

  • 注文住宅の建築費用を少しでも抑えたい!
  • 家を建てたいけどどの業者に依頼すれば良いか分からない!
  • 希望を反映した理想的な間取りプランを提案して欲しい!

これらの悩みを全て"無料"で解決してくれるのが「タウンライフ家づくり特集」です。 通常であれば住宅展示場をいくつも回って、営業担当者と何度も打ち合わせをしなければ、プラン提案や見積もりを出してもらえません。複数のハウスメーカーや工務店を回ると、それだけで相当な労力と時間が必要に…。 そこでオススメなのが、「注文住宅の見積もりやプラン」をネットで複数社に一括請求できるWebサービスです。

あなたの希望や要望を複数の業者に送信するだけで、見積もり価格やプラン内容がもらえるのでじっくりと見比べることが出来ます。 優良注文住宅会社からの提案を"無料で試せるサービス"なので、気軽に利用してみましょう。

\よろしければシェアお願いします/