坪単価50万円台の注文住宅ってどんな家?住宅会社の対象グレードは?

坪単価50万円台の注文住宅ってどんな家? 家づくり
この記事は約8分で読めます。

「注文住宅を坪単価50万円台で建てられる家ってどんな家?」

と気になっていると思います。

そこで今回は、

  • 坪単価50万円台で建てる家の傾向や予算別の大きさ
  • 坪単価50万円を見込める住宅会社の商品

などなど、注文住宅で建てる家(本体)の坪単価が50万円台の場合に、どのような家づくりが可能なのかお伝えしていきます。


坪単価50万円で家を建てるハウスメーカーのカタログが欲しい方は、LIFULL HOME’Sのカタログ取り寄せを使って、気になる会社のカタログを先に郵送してもらいましょう。

カタログの詳細はコチラ

イエティ

坪単価50万円での家づくりをどのように進めて行けば良いのか、この記事を参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

注文住宅の坪単価50万円台ならどんな家が建てられる?

注文住宅の全国平均の坪単価が80万円なので、坪単価50万円台はお手頃な価格と言えます。

ですが、一口に『注文住宅の坪単価50万円』と言っても、どの住宅会社に建ててもらうかによって、完成する家に大きな差が生まれます。

まずは、建築費用の価格帯が安い『ローコストハウスメーカー・工務店』と、建築費用の価格帯が高い『大手ハウスメーカー』の、坪単価50万円の家の傾向について見ていきましょう。

 

ローコストハウスメーカー・工務店で建てる注文住宅

まずは、ローコストハウスメーカー・工務店で坪単価50万円台の場合です。

ローコストハウスメーカーの本体価格の坪単価は、おおよそ30万円~50万円が平均相場となっていますし、工務店の場合でも45万円ほどから検討できることが多いですので、坪単価50万円台なら少しゆとりのあるプランでも視野に入れられます。

坪単価50万円台を予算として考える場合、グレードをワンランク上げたり設備にこだわったりと、さらに一歩踏み込んだ快適な家づくりをすることが可能になります。

工務店ではハウスメーカーのような規格住宅の用意がないので、坪単価50万円でどのような家づくりが可能か確認しましょう。

 

大手ハウスメーカーで建てる注文住宅

次に、大手ハウスメーカーで坪単価50万円台の場合を見てみましょう。

大手ハウスメーカーの本体価格の坪単価は、おおよそ60万円~80万円ほどが平均相場です。

となりますと、やはり標準仕様よりも低価格帯のグレードがあればそちらを検討したり、少しでも坪単価を安くするために設備・建具・内装材・窓・外壁材などのグレードを下げることも検討しなければいけなくなります。

大手ハウスメーカーの場合、グレードを下げたからといって手抜き工事になったり、欠陥住宅になるような心配はしなくても大丈夫ですが、やはり快適な家づくりをするためには、“こだわる箇所”と”費用を抑えるために我慢できる箇所”のメリハリをつけて、少しでも坪単価を落とせるようにプランを考えることが必要となりそうです。

 

予算で決まる家の大きさ

本体価格の予算がいくらなのかによって、同じ坪単価50万円でも家の大きさが変わってきます。

それぞれの予算額で見込める注文住宅の延床面積を算出しましたので、下記の表で確認してみて下さい。

1,000万円約66㎡(20坪)※1 / 延床面積1,500万円約99㎡(30坪)※1 / 延床面積
2,000万円約132㎡(40坪)※1 / 延床面積2,500万円約165㎡(50坪)※1 / 延床面積
3,000万円約198㎡(60坪)※1 / 延床面積3,500万円約231㎡(70坪)※1 / 延床面積

※1:1坪=3.30579㎡で計算

総額予算が決まっているなら見積もりを比較してみるのも1つの手段!

もし、総予算が2,000万円と決まっているのなら、各住宅会社が2,000万円でどのくらいの家を建てることが出来るのか比較してみましょう。

まずはいくつかの住宅会社で簡単な見積もりを取ってみると、今後の家づくりの参考になります。

一括見積もりサービス推奨サイト

タウンライフ家づくり(外部サービス)

上記のサイトなら、予算金額を入力して申し込むだけで、それぞれの会社が予算内で最も魅力のある『間取りプラン』『費用見積もり』の提案をしてくれます。

坪単価50万円でどのような家を建てることが出来るのかというよりも、総額予算に対してどんな家を作ってくれるのかが分かりますので、その住宅会社に依頼したときに建ててもらえる注文住宅のイメージが沸きやすくなります。


もちろん、その後に見積もりでの費用額と延べ床面積で計算することで、坪単価がいくらなのかを確認することも可能です。

 

坪単価50万円台で建てられる注文住宅

次に、実際に坪単価50万円台で建てられる注文住宅を見ていきましょう。

ハウスメーカーによって、注文住宅のグレードがある程度分けられており、価格帯の異なるラインナップが用意されています。

ここでは、建築費が坪単価50万円台と予想される各ハウスメーカーの商品例を、いくつかピックアップしてご紹介します。

 

トヨタホーム「LQ(LIFE STYLE + QUALITY)」

トヨタホーム「LQ(LIFE STYLE + QUALITY)」

出典:トヨタホームLQ

工法構造軽量鉄骨構造
延床面積116.8㎡~ / 35.3坪~
本体価格1,600万円~
坪単価45.3万円~
注文住宅データ引用:注文住宅のハウスネットギャラリー
TOYOTAホーム「LQ」の特長
注文住宅を建てるためにかかる費用が高いイメージのあるトヨタホームですが、大手ハウスメーカーの中では低価格帯となる『坪単価50万円』前後を見込むことができる商品に、『LQ(LIFE STYLE + QUALITY)』があります。大開口・大空間の家づくりを「高クオリティ・技術力・デザインで1,600万円台~」という謳い文句で売り出しているので、信頼性の高いメーカーで安心できる家を『坪単価50万円台』と費用を抑えながら建てたいという人にピッタリです。さらにLQシリーズには30タイプのプラン・デザインから選ぶことが可能なので、トヨタホームのラインナップの中でも満足度の高い商品となっています。

 

ダイワハウス「xevoE(ジーヴォ・イー)」

ダイワハウス「xevoE(ジーヴォ・イー)」

出典:ダイワハウスxevoE

工法構造軽量鉄骨造
プラン自由設計
販売価格(坪単価)本体工事価格3.3㎡当たり53.9万円台~
(税込、太陽光発電システム3.0kW搭載)
注文住宅データ引用:xevo E(ジーヴォ・イー)|ニュースリリース大和ハウス工業
ダイワハウス「xevoE」の特長
ダイワハウスの公式HP内で、坪単価50万円台の商品として『xevoE』が紹介されています。ただ、xevoEで建てた人のかかった費用や家の大きさを見てみると、実際の坪単価は70・80万円台~になっている内容が散見されますので、ダイワハウスで『坪単価50万円台』を目指すのであれば、xevoEよりもグレードが下のxevoBの方が現実的かもしれません。xevoBはxevoEと比べて少し性能は劣りますが、他のxevoシリーズと同様に信頼性の高い家を低価格帯で建てることが可能です。

 

セキスイハイム「クレスカーサ」

セキスイハイム「クレスカーサ」

出典:セキスイハイム クレスカーサ

工法構造軽量鉄骨構造
延床面積約122.3㎡~ / 約37坪
本体価格約1,960万円
坪単価52.9万円~
注文住宅データ引用:セキスイハイムのクレスカーサは35坪~40坪ですべて込みで価格はいくら|Yahoo!知恵袋
セキスイハイム「クレスカーサ」の特長
セキスイハイムのクレスカーサは、「20代からのマイホーム」と謳っている商品となっていて、セキスイハイムのグレードの中でも低価格に分類される商品です。坪単価50万円台が十分見込めるラインとなっています。また、価格帯は安いクレスカーサですが、高い基本性能を持ち合わせた品質で、大手ハウスメーカーならではの信頼性も感じることが出来ます。デザインは基本的にボックスタイプのシンプルな外観なので、注文住宅でも坪単価50万円台を可能にしているポイントとも言えそうです。

 

アイフルホーム「CESIBO(セシボ)」

アイフルホーム「CESIBO(セシボ)」

出典:アイフルホーム「CESIBO(セシボ)」

工法構造木造軸組工法
延床面積120.50㎡~ / 36.4坪
本体価格約2,000万円
坪単価54.9万円~
注文住宅データ引用:アイフルホーム  の建築実例詳細|注文住宅【SUUMO】
アイフルホーム「CESIBO」の特長
ローコストハウスメーカーであるアイフルホームのセシボは、ローコスト住宅の中でも少し価格帯が高いグレードとなります。にもかかわらず、プラン次第では坪単価50万円以下に費用を抑えることも十分に可能ですし、太陽光発電システムや外構に少しこだわっても、坪単価50万円台で注文住宅を建てることが出来そうな商品です。外観デザインはいくつかのタイプから選択することが可能で、シンプルすぎないモダンテイストとなっていてオシャレです。また、ローコスト住宅にもかかわらず間取りプランは63種類から選べるので、家族のライフスタイルに合った間取りを見つけることが出来ます。

 

まとめ

今回は、坪単価50万円台で建てる注文住宅についてお伝えしました。

同じ坪単価50万円台でも、各住宅会社によって建てることができる注文住宅のグレードが違うことが分かったと思います。

坪単価50万円を予算とした家づくりは、

  • 「大手ハウスメーカー」→「グレードが低めの商品を検討」
  • 「ローコストハウスメーカー」→「上位グレードの商品も見込める」

これら2点を念頭に住宅会社選びをすると、あなたに合ったメーカーを格段に見つけやすくなりますよ。

また、住宅メーカーによっては平屋のグレードがあったりするので、坪単価50万円の平屋を検討している方も、気軽にインターネットで見積もりが取れる『一括見積もりサービス』を利用して、間取りや見積もり金額をチェックしてみましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました